なんと言いますか、

「間違って上位に入った場合に、主催者サイドが悩みそうなネタってなんだろう……」

と考えた結果、出てきたのがこういうタイトル(設定)です。あんまり深く考えていないので、書いている最中に後悔するかもしれません。(筆者が。)
該当の企業に怒られることのないように、ネタの選択には気をつけたいと思いますので、生暖かい目で見守って頂ければ幸いです。
タイトルの元ネタですが、一時期twitterで流れていた「ある販売店が掲示していたらしい、販促ポスター」の中のキーワードです。ご存じな方も多いかもしれません。
但し、作中の主人公は、残りの30%って思っているらしいです。まあ、皆さんがどう判断されるかはまた別の話ですけど。

(2014/7/7追記:七夕にやる事でもないですが、この記事は「第一回ライトなラノベコンテスト」にエントリーしていたものです。放置状態のもどうかと思ったのでこちらにまとめました。)