まあ、「そんな事ありえる事ないだろう」って意味合いで読んでもらったらいいと思います。
ふとそんなことを思った訳というと、割と単純です。家では、まだYahooBB ADSLを使っているのですが、これだけ年数が経ってしまうと、割とボロがきている感はぬぐえず、だからといって光の開通を望めるかというと…というエリアだからです。(自転車で走ってそう遠くない場所まで光ファイバーはきているようなのですが、家の周辺で工事に踏み切って頂けるほどのフレッツ契約者を獲得できそうな世帯があるかどうかと言えば…という話です。)


そこでなんでAXGPに結びついたかというと、
・そもそも、NTT自身も「光ファイバーを引くのには厄介なほどに世帯が分散しているが、ある一定範囲内にフレッツ光を望む方がいる場合」というケースにその間を無線で繋ぐという手法を取っている(FWAというらしい。)
・割と、Wimaxも自宅に固定して使うという用途でも人気がある様子。
・ワイヤレスシティープランニングとソフトバンクBBとで別々でそのような仕組みを組むよりも、効率的に利用できる。
・前項にかかる内容だが、一緒に展開する事で一見「モバイル高速通信」の需要がないだろうと思うエリアにも展開できる可能性がある。
・固定の代わりとはいえ、ずっと帯域をフルで占有している人ばかりだとは考えにくく、softbank4Gを契約している人にもエリア的なメリットが発生する。
と、割と安直な理由。ただ、あり無しで言えばアリなんじゃないかと思うのです。

じゃあ、具体的なサービス仕様はというと、
・原則として、使用基地局をエリア情報を基に固定する。(主に使用する基地局とその基地局が不能だった場合に緊急避難的に接続するxkm以内の基地局以外は、基地局自体が拒否をするか、端末のファームで見られないようにする)その代わりに、月々の値段は12Mプランくらいの価格。
・BBフォンは、ウィルコムからの音声MVNO。但し電話番号は050(オプションで固定電話の番号をつける事も可)番号を付加。ADSLからの移行の場合はその050番号も引き継ぎ可。
・最寄りの(PHS)基地局までは光が開通していて、そのエリア周辺に相当数のYahooBBの利用者がいる場合を優先して、移行プランとして提案する。
・当然ですが、Softbank Wifiは使えません。
てな感じ。とまで書いてみて、AXGPの設備の特性などをまったく考えていませんでしたので、実現可能かどうかというのはまた別の話かもしれません。

いいですよね…べつにこれくらいの妄想したって。

(2014/7/9追記:「もうやらないんだろうなぁ」と思ったのですが、それっぽいサービスとして、Yahoo! BB Airってのが始まったんですよね。)