ライブドアブログとimpress QuickBooksによって行われました、第一回「ライトなラノベコンテスト」にエントリーはしていたのですが、中途半端で完結扱いにしちゃった未練の残る作品です。再開するといいながらまだ始まってないし。

報道同好会


「ペンは剣よりつよし」 って言うよね?でも、あれって嘘。 うちの顧問の先生がよくいう。小杉愛先生。担当教科は国語。ただ、漢字はそんなに得意じゃない。 ……まあ、何と言って良いか、変な人。 よくは知らないのだけど、昔のマンガの怪盗3姉妹の三女の名前だそうで、先...

はじめてのときも


何度も言うけど、愛先生は変だ。そう、はじめてこの部室に来た時もそうだった。

人ではあるけどヒトデナシ。これはいかに。


真実を伝える事って難しい。先輩達も含めてよく取材に出かけたメンバーがいう言葉です。

私達の武器であるペンと、この学校の話


いわゆる比喩的な表現だと思うかもしれないけど、困った事にそうじゃないのかもしれないなぁって思う。 電気街とか、サ○コーさんのネット通販だとか見ている人はだいたい想像がつくのかもしれないけど、まあいわゆるボールペンやシャープペンシルの用途だけじゃないって事...

そうは言っても、危険な状況にはなかなかならないものです。


だって、学校の部活ですもん。いくらこの辺の情報を握っているとは言っても、さすがに大きな事故になってしまうと「他の」メディアが黙っちゃいない。 もちろん、そういう取材は一切行っていない訳ではなくって、主に「卒業した」先輩がやっているか、独立したエージェント...

愛先生の話


この同好会に入った直後には、最初に部内の誰かを調べろという「宿題」がついてくる。 無論、その「宿題」を置き去りにしていても、部活はできるのだけど、何というか「先輩の取材に同行して学びはじめる前に、自分ではどんな手順を踏むのか考えてみよう」という事らしく。...

ユウさんのこと。


愛先生の事を調べてみると、やっぱり僕と同じ名前のユウさんの事が気になった。 「私も会ってみたい!ユウさんにユウのコスチュームアドバイスしてもらうんだ!」 なにやらアキが騒いでいるけど、とりあえずそういう意味ではない事だけ言っとくとして。

ユウ(主人公)の事


割り込みで申し訳ないのだけど、ちょっと私、アキから少し…。 少し話は戻るんだけど、ユウが愛先生と話す前に、私も愛先生とお話ししてたんだ。ちょっと気になる事があったから。

ユウとアキの話。


「愛先生となにか相談してた?僕が部室に来る前に。」 「…うん。お節介かな。」 いつも困ったくらいに角度の違った言葉を返すアキが、珍しくおとなしい返事を返す。

部長と愛先生の話


「ホントにいいんですか?簡単な相手じゃないんでしょ?万が一の場合はエイジェント部隊のサポートがまわるとしても、割と世間にバレて大袈裟になるケースかもしれませんよ?」 私は先生にそういってはみるのだけど、まあ変わらないだろう。入学してから3年もないくらいの短...

ユウとアキと、元研究所員


「で、それを聞きに私の所まで足を運ばれたという事ですか…。」目の前の男性は苦笑いをして僕とアキを見ている。まあ、当然と言っちゃ当然だ。理由はどうであれ、「あの」研究で自分の職場が潰れた訳で、できれば隠しておきたい過去な訳だし。しかも、会社の潰れた元凶か...

さくしゃがこんらんしています


いや判ってはいるんですよ。彼の設定年齢からするとiPS細胞の作成は間に合っていないだろうから、ユウさんが体細胞クローンだとすると、まず「それ」を使った方法じゃ無い可能性が高いっていう事は。
もちろん、この小説自体もいつ読まれるかわかりませんし、別に時間設定を...

元研究員からの電話


「あー、ユウくん?リュウって人から電話がきてるんだけど、代わった方がいい?」部長が僕に聞く。もちろんハイと答える。ちなみに、リュウさんというのは先日の元研究員の方の事。ここでおそらく「なんで個人の携帯番号を伝えていないのか?」という疑問がわいてくるかも...

ユウはこんらんしている


「先日の件、私の探せる範囲で昔の研究所時代の情報をあさってみたのですけど。信用しづらいかもしれないけど、落ち着いて聞いてくださいね。」この始まり方はまず、普通のことではないんだろうっていうのは何となく判る。ただ、本当にとんでもない事であった場合に、本当...

それでもペンは強いのです。


そうかもしれない。そう思った。確かに育ての親の父と母には感謝しているし、「君の親は誰だ?」と言われたら、迷わずこの2人の事言うだろうと思う。それは間違いないし、将来においても変わる事はないと思っている。