もともと、「なんでもないほん」の公開にあわせて、同書籍に収録の作品に限って「非公開」としていたのですが、どうやらもう売れていないようですし、まんま掲載されている訳でもないので、もういいかなぁと。
今後はもしかすると、最初から非公開にする事も無く書籍版を発売しちゃうかもしれません。(ムゲンブックスさんのように、ほぼほとんどの権利そのものが著者にある場合ですけども。)

「どこがどう変わっているのか」だとか、その辺が気になった方は、紙の本なり電子書籍なりご購入を検討いただければと。……とはいっても、それについても全部ではないにせよ試し読みは可能です。(リンク先のムゲンブックスのサイトでご覧になれます。)

新作については書きたい題材はあるのですが、作品の形になるかどうか……。