今気づいたという訳ではなくて、単に当日に書かなかっただけなんだけどさ。
気づかない訳はないんですよ。本人限定受取(特伝)で送られてくるんですから(但しLiteは普通郵便)。それがなんというか面倒臭い。

ちょっと手順を追ってみようかと。

申し込みは、サイトに住所に入力する
別にここは難しい事はありません。申し込みのフォームは公式アプリのWebMoneyカードケースから出てきます。
タイプには2種類あって、現状はどちらも手数料いらないのだけど、WebMoney Cardは本人確認が必須の代わりに普通のクレジットカードのように自分の名前が入ります。それに対してLiteの方についてはみんな同じ名前が入っています。

それでも、ご本人名義のカードしか受け付けていないところで拒否される可能性はあるとは思いますが、使える場所はほぼ同じですので、Liteの制限(チャージに使える手段が若干少ない、カードの更新ができない)も含めて問題がなく、本人限定受取で送られてくるのがウザい方についてはそちらを選択されたらいいかと思います。
住所の入力についてですが、「ちゃんと届く住所を入力する」というのは当然ですが、前者のカードを選択した場合には「証明書に記載されている住所」と整合性を取っておく必要があります。実務上どうされるかは存じませんが、これらの情報が異なっている場合は受け取る事ができない、と公式には言われています。

「本人限定受取郵便(特伝型)到着のお知らせ」が自宅に届きます
郵便局に受け取りに行かれるのであれば、それと個人証明のできる証明書(運転免許、保険証、写真付きの住民基本台帳カードなど)を持って郵便局に行ってください。今回は、自宅に配達してもらう事にしました。
配達希望時間を連絡するのですが、「FAXか電話でご連絡下さい」との事…。通常のネット上の再配達フォームでの依頼で無事に到着したという報告を某掲示板にされている方がいらっしゃるようですが、私は少しイラっとしながらも、その文書の指示どおりFAXで送信。FAX機が無くなってしばらく経つので一度スキャナで取り込んで、インターネットFAXを経由しての送信しました。
送信結果に添付されていたデータがものすごく粗かったので、ちゃんと読める形で届いているのか心配になりましたが、まあなんとか届いていたようです。(場合によっては、郵便局から電話がくる事もあるようです。)

郵便屋さんが到着。受け取り
郵便配達のお兄さんが到着し、「えーと」と悩みながら報告用の書類を出してきたりしている所に、運転免許を提示する。お兄さんから「依頼人の方に、住所と証明書の情報が報告されますが、問題はございませんか?」と質問される。
そういう郵便である事は承知しているので「問題無いですよ」と答えると、お兄さんは免許証の番号を控えるのと、あとは書留と同じように受取人のサインを「フルネーム」で。
サービスが始まってから、それほど件数が多くないのか、ちょっとこの一連の手続きの時間が長かった気がする。


このあと、WebMoneyカードケースにカードを登録してチャージとなるのですが、まだチャージはしていません。

個人的な感想ですが、この郵便局の本人限定受取(特伝)サービスは「まずは来たという事だけを郵便で伝えて、連絡が来るか取りに来るまで待つ(保管期限注意)」という形は潔くはあるとは思うのですが、配達依頼等はQRコードなどでネット経由でシンプルにできればいいのになぁと。あと、受け取り時に証明書から番号をその場で転記するのではなく、専用端末で撮影してあとでセンターで画像処理するとかすれば、配達する人の手間も減ると思うのですが。
「到着のお知らせ」もメールでいいんじゃないか?とは思うけど、それは無理だろうね。