私が、インターネットの初期の時代に割と無頓着だったからというのも理由としてなくはないのですが、私の個人情報って割とメジャーなツールで特定できるっぽいです。

「っぽい」とついている理由としては、探し出せるかを検証してみたのが自分自身だからって所でしょうか。

検索エンジンであっても、検索結果はつかっているうちに自分向けにパーソナライズされるタイプのものがメジャーになっていますし、自分でいくら頭が空っぽの状態で検証してみたとはいっても、それには自分の記憶も影響してる可能性(その時は直接なキーワードを検索していなくとも検索エンジン自体が学習しているなど)がある訳ですが、それでもその情報にたどり着けちゃえている訳なのですから、なかなか厄介です。

ストリートビューは割と広範囲にカバーされている時代ですし、住所がわかれば大体その家の周辺がどんな状況かっていうのは確認できてしまいます。もっとも、必ずしも最新って訳でもないのですけども。(新しい道路ができてから、ストリートビューの車が何年も来てないって事もあるみたいですしね。)
「私はそんなに情報を公開していない」と思っている人でも、Facebookの顔写真から、自動的に関連付けされてたりだとか。

問題の無い事を言ったつもりでも、何か引っかかるところがあって根掘り葉掘り調べられてしまう事はありますから、なんといいますか。それらの被害に遭わない為には、ネットに接続せずに外に出ないという事なのではないのかなぁだとか、本末転倒な事を考える今日この頃です。

まあ、そうもいかないんですけどね。