あるネットの小説ボードで、公開した事のある作品です。一部変更したものと、新たに書き下ろしたものを公開します。
 一人の少年の...夢と現実..信じられない事、夢でいた方が良いこと..そんな事を彼と一緒に感じてください。
現在、某所で公開中の「夢と現実の境で」の加筆前のモノです。話の流れは変わってないので、見比べてみるのも面白いかもしれません。

物語は思いがけない所から..
「宇宙人の侵略」。エイプリルフールじゃないのに..
夢?現実?・・・夢であってほしい....
連れ去られる。私が?何故?嫌だ!
俺が戦士?嘘だろ?
現実。抵抗。避けられない現実。
権利と義務?
逃げられない。私の賭け。
夢で無い...現実
優子さんとの出会い。ひさびさの安心感。
家へ戻る
いろいろな気持ち。
緊急事態法施行..
つじつま合わせの法律...いつの時代もそう..なのか? 特別付録/「未確認生命体による襲撃という緊急事態における強制召集法」(一部)。 上記の法律は架空のものです。都合により、口語体になっています(笑)