(フィクション)
2.夢?現実?・・・夢であってほしい....
「地球外生命体SR9781により、地球侵略。日本政府自衛隊の増強図る(特殊戦闘部門の発足か?)」
2月15日、バレンタインデーの翌日から、こんな記事をみるとは本当に、思ってもいなかった。
(軍隊)ではないはずの、自衛隊が、軍隊ではないとは言えない事をおこなおうとしていると言うことも、僕にとって、驚いたことなのだが、映画の中での事としか考えていなかった事が、今、起ろうとしている事をしり.....ならば、不思議だ。母は、なんでも ないような様子で、朝食を食べている。多分、これは、夢だ。
 ぽっぺをひねってみる。やっぱり痛かった。現実だ......通学中、当然、その話でもちきり。

「あのアニメみたいに、だれかが、戦士に任命されたりして。」
とか..
まさかな....と、思いながら、歩いていた。なんだか、後ろに人影が。しかも、僕をつけているような.....。なんだろう、急に体が..........
気がつくと、固い鉄製の椅子に僕は座っていた。

「波長は、ぴったしです。ここまで、ぴったしになった人なんて、いままで、いなかったですよ!。でも、彼は、納得しますかねぇ」
「無理矢理にでも、彼に頼み込むしかなかろう。でないと、地球は宇宙の塵と化してしまう。」

SF映画でしか見たことも聞いたこともない事。夢であろうと、願うばかりだった。もし、現実だったら....そう考えると、気を失ったふりをしておくのは無理だった。

「うそだろ!なんでだよ!早くうちにに返せ!」

まわりは、いっせい、僕の方に向いた。

(「現実と夢の境で」/つづく)