(フィクション)
4.権利と義務?

「それで、増強って事になった。って事か?」
「そう...だ。それで、君が必要って事だ。」

嘘と信じたい。夢と信じたい。でも、夢ではなさそう。僕は、いったいどうすればいいのだろうか。

「ただ...」

現総理大臣が、続きを言おうとしたとした。でも、総理大臣が言う前に、彼のとなりにいた人が、言った。

「憲法上では、徴兵ができない事になっている。自衛隊員として、雇うのも手だが、なにしろ学生だ。基本的に、おまえが判断する事になる。」

 そう間違えなく聞こえた。僕はすこし安心した。でも、すこし間を置いて総理大臣が、言った。

「ただし、それは建前の上の話しだ。公共の利益を傘にして、無理矢理に乗せる事もできない事はない。ただ、それは、私はするつもりは無い。すべて君が判断するんだ。」

中学生の僕に、なにをしろというのだ。怒ってはいたが、抵抗しても、しきれそうも内容に思えた。次に僕が言っていた事は、こんな言葉だった。

「それが運命なら...運命に従います。但し、僕からあなたに条件を出します。飲まなければ拒否する事もありえると思ってください。」

そう聞いた総理大臣は、軽くうなづいた。それを確認した僕は、話しをつづけた。

「今の戦争の状況をすべて隠さずに国内に公開してください。それが条件です。」

総理大臣は考えている様子だった。少したってから、

「仕方が無い。その条件、のもう。」

と言った。部屋の中がざわめいた。でも、話しを続けている。

「コントロールする時は、ロボットと同化するように設計してある。いつでも、呼び出せるように、腕時計型無線機を渡しておく。」

 もう、後戻りはできなくなった。死んでしまうかもしれない。でも、もうどうしようも無い。そんな気分だった。

(「現実と夢の境で」/つづく)