(フィクション)
7.緊急事態法施行..

「ニュースの時間です。残念なニュースが入ってきました。軍国主義の再来とも言える「緊急事態法が成立してしまいました。永田町の伊藤さん?」

「はい。伊藤です。強行ともいえる決議で成立した緊急事態法ですが、棄権や反対した議員は一人もいないとの事です。この回りには、平和団体の一行が反対コールを起こしています。」
「緊急事態法は憲法違反だ!」

秋人と約束した時から、もう解っていた事。でも、総理は、秋人との約束を敗れなかった。自分の下手な意地みたいなものも含めて、「法律」という形で公開した。「私ができるのは、これだけしかないんだ。」といわんばかりに...。

緊急事態法は、「秋人」一人に対して召集を促す法律。だからこそ、余計反対は大きい。ただ一つ言えることは、あの大国Aですら、賛成していた。誰一人ももう、後戻りはできなくなっていた。

「本当にこれでよかったのか?秋人くん。」

「これで..いいんです。悪い方向にいったら、多分世論が止めてくれるだろうから..いいんです..」

覚悟したような、でも不安そうな顔で、言葉を続けた。

「私も、死ねませんから。...それよりも..死にたくありませんから。」

正直な気持ち...いくら総理の前でも、そればかりは嘘をつけない。本当に。

「死なせないさ。..私の命にかけても...。」

総理は、少し涙目で言っていた。大丈夫だろう。この人を信じても。たぶん。...きっと...。

(「現実と夢の境で」/つづく)



「未確認生命体による襲撃という緊急事態における強制召集法」(一部)

第1条 定義 この法律は、国民の福祉を守るため、最低限の防衛である。これを戦争とみなさない。

第2条 召集 必要人員として、東京都XX区の「浅村 秋人」を召集することとする。

第3条 情報の開示 この法律における戦闘についてはすべての情報を開示する。

第4条 臨時司令官 司令官として、施行時点での内閣総理大臣を指名する。