このブログを含め、「人に知られたら困る事」というのは載せておりませんので、柔軟にやって下されば別に構わないのですが、昨今著作権法も変な方向に厳しくなっているようですので、私の解釈としての引用とされる範囲について、ガイドラインとして定義しておこうと思います ...