こういう喫煙者を逮捕する法律があってもいいかもね。

…と言うのは少々大袈裟だけど。
「タバコやめてもらえます?」ほど頭にくる言葉はない
こういう事平気でやる人がいるから、他の周りに注意を払って喫煙している喫煙者まで肩身の狭い思いをしなきゃいけないってのが、少し理不尽な気がしましてね…。



いや、私自身はタバコを吸わないんですよ。ただ、タバコを吸う人自体は割と周辺にいるわけで、タバコの健康リスクを理解した上で吸っているのなら別にそれはそれでいいと思うんですよ。まあ、止められるなら止めた方がいいと思いますけど。
とはいっても、一種の中毒性な部分はあるようなので、「やめようかと思っている」という人には禁煙外来に行った方がいいんじゃないかとは言うのですけど、まあそういう人はそう考えているだけあって、そんな馬鹿な事はしない訳で。

もちろん、増田さんが禁煙室にいたとして、タバコを吸わない人が入ってきてそう言ったのだとしたら、そりゃあ怒って当然だと思う。ただ、それならさすがにそう書くだろうし、そうじゃないんだろう。たぶん。
確かにタバコを吸うこと自体は、個人の自由だと思う。けど、公共の場で吸っている以上は喫煙室でもない限りは、吸わない人への配慮をするのは当然の事で、それとも何か。さらに肩身の狭い所に追いやられたいのか。それこそ自由だけど、他の喫煙者まで巻き込むのは関心しないよ。

いや、仮に「喫煙室」や喫煙をする事のできるスペースだったとしてもね。タバコって、フィルターを通しててめえの口に入っている毒性より、排出されている煙の方が多いんです。それを相手の顔に吹きかけるだとか、ルール違反以前に人としてどうなのって思うのですけど。…考えすぎですかね。

…すいません。ちょっとカッとなって勢いで書いた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »