この国

たぶん小説だと思う

815の太陽の下

(このストーリーはフィクションです。作中の「私」も「男」も実在の人物ではありません。) 私は軽く頷き、口を開く。 「ええ、確かにごもっともだと思います。」 男の目を軽く睨み、言葉を続ける。
タイトルとURLをコピーしました