海上保安庁

たぶん小説だと思う

815の太陽の下

(このストーリーはフィクションです。作中の「私」も「男」も実在の人物ではありません。) 私は軽く頷き、口を開く。 「ええ、確かにごもっともだと思います。」 男の目を軽く睨み、言葉を続ける。
なにげにひとりごと

実は、「尖閣ビデオ」が漏らしては困る国家機密でなくて…

…ずさんな管理体制になっているという事が、(ばれたら立場が危うくなるので)機密だったりして… 笑止!1万2000人が見ることができた「国家機密」? - 木走日記 「国家機密」どころか誰でも見ることができたわけで、この映像が守秘義務の対象で...
タイトルとURLをコピーしました