4/24に書いた、楽天銀行のJCBデビットの件ですけど、届いてから数日放置していたので、早速使ってみる事にしました。

とは言っても、JCBは国際ブランドのデビットカードの後発組ですから、別に使い勝手に差違がある訳もなく、某日本一の店舗数(執筆時)のコンビニチェーンと、地元のTポイント陣営のドラッグストアで利用したのですが、どちらも普段クレジットカードで決済する際と同じように処理していました。

たまたまデビットの拒否をしていない店舗だったというのもあるのかも知れませんが、正直な所、「JCBクレジットは利用できるよりも、デビットは利用不可」という店舗を探す前に、「クレジットカード決済可能だけど、JCBが非対応」というのが小規模店舗などだと、地味に見かけますので(実際、使おうと思ってた某ドラッグストアの利用可能カードの一覧の表にはJCBのロゴが無かった)、事前に自分のよく行く店がそれに該当していないか確認しておいた方がいいかもしれません。
つまりは、よく行くお店で非対応だって店が多ければ、(同じジャンルの他の店に置き換える事ができるのであれば話は別ですが)このカードのメリットを生かし切れないかもしれないって事です。

もちろん、「楽天カードマン」をする為の片目に使いたいだけであれば、そんなことを気にせず申し込んでしまえばいいのですが。