古畑任三郎 × Livedoor

後藤さんのひとりごと:イチローが古畑さんと共演? – livedoor Blog(ブログ)
では、現実に2006年新春に放送予定の事なのだけど、今回に記事については妄想です。「そんなこと考える奴がいるんだ」程度におとり下さい。

ライブドアとフジテレビは、まあいろいろあってギクシャクしていたのですが、ここ最近はなんとか提携業務も進み出し、まあ多少は緩んだかなというところです。
イチローが古畑任三郎と共演するという記事を読んだとき、ふと思いました。
もし、共演相手が堀江貴文だとして彼が犯人という設定なら、どういうストーリーが展開されて、誰が狙われるのか。

….ちょっと待てよ….ライブドアの手法を嫌う人はたくさんいる。むしろ逆に狙われていたとしたら?



堀江と、乙部はスペシャル番組の収録のためフジテレビに来ていた。
その番組収録中、一つの悲鳴が聞こえる。
収録を中断して向かったところにあったのは血まみれの…

これだけだと、「たまたま居合わせてしまっただけの事件」。
とりあえず、その場では所轄の警察署によって「事故」として片付けられる。

事故とはいえど、ニュースの威力は強く、
堀江のブログには、誹謗中傷のコメントが続く。
それのことについて収拾をつけようと、新たな記事を起こした時、
一つのコメントが入ってくる。

許さない。今度は、ヒルズ38Fで…つまりはあんたのところで人が死ぬよ

当然ながら、該当コメントはすぐに消されて、コメントは一時書き込みが出来ない状態になる。
でも、予告どおり事件が起こってしまう。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。 :sage :200?/??/??(?) 00:13:46
こえー、ページビューのために人まで殺すか….


風評被害は只者ではなかった。広告主はいなくなり、売り上げは激減。
テレビや新聞は、ライブドア内部犯説で盛り上がり、警察もそのセンで動き出した。

ただ、警察組織の中で一人それに疑問をもった人がいた。つまりその人が….

一応、こんな感じ。自分で書いといてなんなんだけど、古畑任三郎のパターンとは違うなぁ(^^;;
「2人とも、なんとか命は取り留めた」として、今泉さんが主人公って手もありですよね。結局、2人の被害者の証言で犯人が捕まったって。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よっか より:

    脚本は三谷氏でございますだ

Translate »