べつにそういう意味でもないと思いますけど。

世界の片隅でニュースを読む : 橋下徹における「組合嫌い」と「体罰好き」の相克

橋下氏の主張に従えば、要するに組合教師はダメで、体罰を行う教師はよいということになる。

そういう意味じゃないと私は思う。もちろん体罰は駄目だと思う。
けど、その体罰という言葉の基準が広すぎて、なにをやっても「体罰」となって、ペナルティを与える事ができなくなってる訳で、その現状を踏まえないでそう解釈するのは、ちょっと意見が飛躍しすぎているのではないでしょうか。

もちろん、教育が弱体化したのが日教組だけのせいだとかいう気はさらさらないし、政治家が必要以上に加担した事で加速させてしまった部分もあるだろうとは確かに思う。だから、教育の事は専門家にというのにも異論はないのだけど、(編集の効果はあるにしても、)あれだけ大人気ない発言をしている教師達にまかせておけるのかと思うのは、もちろん自由ではないのか?とも思う。

…..知事の立場でさらりと言ってしまうのはどうかとも思いますが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »