無料公開も一種の宣伝手段?

本日より「good!アフタヌーン」初号が期間限定で無料公開 – GIGAZINE

昔だったら考えられませんよね。期間限定とはいえ、市販されている雑誌がまるまる出版社のサイトで無料で閲覧できるなんて。
(たしかに、Amazonとかyahooが内容の一部を見られるサービスをしてるけど、「全部」じゃないですよね?)
でも、手に取っておきたい人は本屋で買うし、立ち読みだけされて「返本」される雑誌があることも考えると、十分利点があるんだとおもいます。
「価格決定権が出版社にある」かわりに、返品を断れないが故にそのコストってイタイのだとはよく紹介されてますし。

ただ、この方法がスタンダードになるかどうかと言えば微妙ですけどね。
ケースや規模によると思いますし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »