チャリティとボランティアに金儲けが絡んじゃいけないの?

なにげにひとりごと

そりゃあ、募金と称して「全額、そいつの懐に入ります」というのを聞くと、正直「お願いだからs(ry….消えてくれ」と思うのですが、人を助ける事にお金儲けが絡む事が、正直悪いとは思えません。

だって、案件によっては「仕事並にそれに張り付いてなきゃ、できない」事って、無い訳ではないんですよね。(検証をした訳ではないので具体例はあげられませんが。)

もちろん、「今までの生活で十分すぎるような貯蓄があって、その金利収入で十分自分の生活プラスアルファは賄える」という方も確かにいるでしょうが、大抵は他の仕事と兼業してる方かと思うんですよね。

専任できない事で、十分な活動ができない人もいるだろうし、仕事についても活動に時間を割けばさく程、「職場に迷惑をかけているのでは?」と肩身の狭い思いをしながら活動しなきゃいけないかもしれない。崇高な志を持っている人がもしそんな状態だったら正直もったいない気がするのです。

私自身は、志もお金もない、口だけの大変つまらなく残念な奴なのですが…。

もちろん、いろんな考えを持つ方がいて、それについて否定するどころか肯定したい部分が多々あったりはするのですが、それでも、「その活動に専念する」という決断をされた方に非難の声が来ることのない世の中であって欲しいですね。

以上、私のたわごとでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました