北方領土問題でちょっと納得がいかないこと。

NHKがロシアの国旗を上下逆に映したというニュースを聞き、「実はわざとじゃないのか?」と思う今日この頃の私です。

まあ、それは置いておいて、「ロシアが北方領土を自国の領土だ」と言っている点で正直納得にいかない事がちょこっとあるので、ちょっと書いておこうかと。

・そもそも、日本との条約を破って「侵略」した領土では?
もちろん、「そんな事言ったって、ロシア(ソ連)人が住み始めてからすでに半世紀以上経っているんだからいまさら退去しろというのも無理な話」だというのも分かるのです。それだけの時間、実効支配してた訳で、それが「有効」と認められる可能性は十分可能性があると思うのですが、その件に関して謝罪されることはあれど、「日本人が非難される」といういわれはありません。

・そもそも、領土返還に関して、時期は明示していないものの合意していたかと…
現日本政府の意見のブレも大概にして欲しいモノですが、ロシアとも、過去ロシアが含まれていたソビエトでも「(少なくとも歯舞群島と色丹島は)平和条約が締結された時は日本に返還しよう」と約束していたはずですから、ロシアが「うちの領土だから返せません」といった時点で、「日本とは平和条約を結びませんよ」と言われたものと考えるべきなのかなと。
もちろん、「大統領がそうしようと思ったって議会が賛成しなきゃ進めないんだよ」というのであれば、どこの国も共通なので、分かるのですが「そんな約束ねーよ!」というのは、…まあ、なめられてるんですけどね。

・確かに、国の象徴である国旗に落書きというのは侮辱ですが…
国旗はたしかにその国を表すものであり、それを落書きしたり、燃やすというのは確かに「侮辱」かと思います。もちろん、それは分かるのですがまた、「表現の自由」というのが日本にはあります。ロシアがどうなのかは分かりませんが…。
なので、「それに対して不愉快」を主張するのはもちろん当然だとは思うのですが、捜査とまでいうのは私の感覚としてはどうかと思うのですが、私の考え方が非常識なのでしょうか?

人と人のつきあいでも「理屈どおりにいかない」事があるのと同様に、国と国とのつきあいとなるとそれぞれの国の情勢や事情も入り交じって、より「理屈どおりにはいかない」事になる…というのは重々承知しています。
なので、実際にその立場にいられる方にとっては別の意見があるのかもしれません。できればお伺いしてみたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »