フランスの全国紙が紙面廃止だって…

世界的にいうと珍しい事じゃないのかもしれないけども…(といえる今の時代がちょっと怖いのですが)
仏全国紙が紙面廃止 経営難でネットに特化  :日本経済新聞

 【パリ共同】フランスの夕刊全国紙フランス・ソワールは14日の経営委員会で、経営難を理由に今年12月から紙面発行を取りやめ、ネットでのニュース配信に完全移行することを決めた。フランス公共ラジオが伝えた。

まあ、そういう時代なのかなぁ…。と思ったりはする。日本のような配達にしても店頭での販売にしても割とコストは高いもので、ある程度利用者のメドがなければ維持するのは割と大変だと思うんですよね…。
エリアが大きければ大きいほど、不採算な地域は多くなるでしょうから、そりゃあ大本全体の経営が悪化したら仕方が無いとは思うのですが…。

たしかに、検索したり、更新速度の面で電子的に提供頂いた方が便利だとは思うんですが、(その新聞社なりとはいえ)前日または今日の一定時間までのニュースをある程度コンパクトにまとめて、バッテリーが切れて読めないという事の媒体で提供されてるって、やっぱり捨てがたいんですよ。私が古い人間の部類に入っちゃったからかもしれませんけど。

ただ、その面に関しては、その辺を解決する仕組みもそこそこ出てきてるとは思うので、将来的にはどこも紙面がなくなる方向になるのかなぁ…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »