読売新聞はとってないので…

これ、ネットニュースとかもろもろで知ったんですが、
め~んずスタジオ - 読売新聞、広告がすべて白紙に!

表現方法としては面白いと思うんですよ。さらりとそういう事ができるって事も含めて。
下手にやると「苦情だらけ」になっちゃうから。

実際、経済が暗くなると、企業は新聞広告どころにはならないと思いますし、それを表現するには確かにぴったりだとは思うのですよ。ただね、…新聞社の収入ってその広告の占める割合って割と多かったと思うので、仮にこれが本当に無広告だった場合、会社自身もとんでもない状況だと思うんですよね。

まあ、それより一番最初に思ったのは、「(そんな事やる余裕があるなんて)東京都医師会って太っ腹だなぁ。」と…。いや、悪い事ではないんですけどね。
ただ、その分のお金を雇われ医師や看護婦に使えば若干なりとも待遇改善になるのでは?とふと思っただけですから。気にしないでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »