マルナカがイオングループになった事でありそうな事。

※誤解を与えちゃいけないので、先に言っておきますが「ありそうな事」とは言っても、私がそう考えているだけというだけの、世間で言うところの妄想です。私もあまり深く考えちゃいませんので、この記事をお読みの人も深くは考えないで下さい。※

以前であれば、「マルナカがイオングループになる」と言っても誰も信用しなかったでしょうが、良くも悪くもそういう事が具現化しちゃっている訳で、世の中ってわからないものです。
今、マルナカに買い物にいっても、「マルナカはイオングループに仲間入りしました」のポスターがあるだとか、店によってはトップバリューを取り扱い始めてる(私はまだ目にしてないのですが)とか、割と細かい部分しかないのですが、近い将来こんな事があるんじゃないかなぁ…という妄想です。



・マルナカ、山陽マルナカからスーパーマーケット部門のみを分社し「(新生)マルナカ」に統合。
・マルナカのホームセンター「ザ・ビッグ」をなにかしらに名称変更。
経営統合の関連の協業は、イオングループに入る以前からマルナカ、山陽マルナカ間でいろいろやっていたみたいですし、物流や調達部門を統合となると、別会社より同一の会社の方がいいんじゃないかなぁと。
多分、社長とか役員は現マルナカと同じかと。
ホームセンターの件は、イオングループ内で同一の名前のブランドがあるから、なにかしらの手は打つんじゃないかなと個人的には思うんですけども。
スーパーマーケット部分を切り離した元々のマルナカ、山陽マルナカに関してはですが、先ほど書きましたホームセンターも残っていますし、ガソリンスタンドやカラオケもありますから、そちらの事業の会社に。

・マルナカの大型店舗の一部が中身が変わらずに核テナントがマルナカの「イオンタウン○○」に。
・イオンタウンの一部店舗の核テナントがイオン、マックスバリューからマルナカに。
具体的に例をあげるといろいろとツッコミが入りそうだから省略。ただ、私が知っている範囲のマルナカ店舗でも、某所のイオンタウンに相当するんじゃないかと思うサイズのものはありますし、今日明日にそうなるという事はないにしても、将来的にはありそうで…。

・マルナカツーリストがいつのまにか「ジャズベル」に。
・マドンカードがマドンカードWAONに。あと、マドンイオンカードが登場。
・クレジットカード、非接触ICカード決済が可能に。
おそらく、急激に別物にしてしまうよな事はしないと思うので、「ジャズベル」移行はずっと後の話だと思います。ただ、POSシステムの入れ替えは遅かれ早かれ来るとはおもうので、その時にレジは対応仕様のもの入れ替えてしまうんじゃないかと…。

・イオン銀行ATMの導入
・イオン銀行ATMの四国内の金融機関の接続増加
いままで、割と「設置できるところが少なかった」ので、許可と回線の確保ができATM自体は拡大するんじゃないかなと。イオンとなると場所が限られているという見方もあるけども、マルナカ全店に設置できると、わりと深いところまで網羅できる訳で、「他社に先を越される前に」と接続を希望する金融機関は増えるのでは?と。

・イオングループの四国エリアでの調達能力の強化
イオングループとしても、調達先の確保に力を注いでいるけども、その点マルナカは四国での「それ」に長けている訳で。それを生かさない手はないでしょうし。

・セブンアンドアイ(イトーヨーカ堂)が、ライバルスーパーを買収。
黙って指をくわえてみてるような会社ではないと思うので。もちろん、メリットもないのに進出してくる会社でもないとは思うので、様子を見た上で勝算があれば…

・マルナカの情報網をうまく利用して、ミニストップも拡大。
これに関しては、できればいいですよねー?というお話。だって、場所が確保できてもオーナーがみつかんなきゃ出店できないですしね。フランチャイズであるミニストップは。

実際、どの事業、子会社のうちどれがマルナカ直下の子会社なのか、マルナカホールディングスの子会社なのかが公開されてない企業がないもので、相当とんちんかんな事を言っている可能性はあるかもです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »