ポケベルが鳴らなくて、恋が待ちぼうけしてた人はなにをしてるのだろう。

たぶん小説だと思う

一応、国武万里さんの事を言っている訳ではない事を言っておいた方がいいだろう…。

愚痴のように聞こえるかもしれないが、おそらくある程度以上の年齢の人以外は「そもそもポケベルって何?」という話だろう。



先日、会社の片付けをしていた時に昔使っていた「それ」が出てきた。

「先輩、それって防犯ブザーかなにかですか?」

そう思われたって仕方が無い。彼が物心ついたときには、既にi-modeとEZwebが争っていたし、現在類似システムで事業を行っている会社があるとは言っても、東京周辺や、沖縄のみで、それもどちらかと言うと災害情報などの同報配信のようなモノがメインだからだ。

「説明するのも面倒だから、ポケベルでググってみろ。」

私自身、そんなに説明が上手いわけではないし、特別な例を除いてWikipediaの方が詳しいと思う訳で。今のなにかに例えようにも、今と当時じゃ本当になにかも違いすぎる。

「この感じじゃ、当時携帯電話を持っている人なんてほとんど皆無に等しかっただなんて言っても信じられないよな…。」

今よりいろいろな所で公衆電話があって、個人の連絡にも「家」や「寮」の固定電話に掛けて取り次いでもらう。それ故に、彼女に連絡を取ろうとしても、彼女の父親が電話を取ってしまったら彼女に取り次がれなかったりする。
まあ、「恋愛はそれくらいの距離はあった方がいい」という意見もあるようだけど、仕事の連絡だとか急な連絡はそうはいかない。でも、一旦呼び出してしまうと公衆電話はまだ町中にあったから、呼び出しができれば後は連絡がつくわけで。…まあ、本来はそういう用途のものだったのが、いつの間にかビジネスマンでない層にも広がったのだけど、当然ながらドコモのポケベルに関して言えば、もう鳴らない。

「こういうのがあったんだよ。昔はね。」

検索結果を見ている彼に話しかける。しばらくして、彼は私にこういった。

「もう待ちぼうけしてた恋は終わったんですかね。」

(このテキストはフィクションであり、100%妄想です。もちろん、私の妄想の中に登場したのなら話は別ですが…)

(追記:下記の動画は「このネタを書こうと思った理由」の歌…がたまたまニコニコ動画で見つかったので貼ってみただけです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました