消化工事とかやるくらいなら、電柱の地中化工事しちゃえばいいのに。

…と思ってた時期がありました。今はたいして期待しておりません。
という冒頭で申し訳ございませんが、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。



正直な所、「公共工事」が悪だとは思ってはおらず、必要な所はどんどんやっちゃえばいいとは思うのですが、「それやるより、あれが先だろう…」と思えるような工事が時たまあったりする訳で。

メジャーな所で言うと震災復興関連で、それ以前から言われている事としては災害対策関連ですかね。

遠方となると、専門の従業員の移動だとかモロモロのコストが高く、割に合わないくらいはなんとなく想像がつくのですけど、後者に照準を絞る事くらいはできるでしょうに。と思うものの、そもそもその専門技術を持った従業員の人数が圧倒的に不足してるんですよね。…判ってるつもりなんですけども。そこは。

そこいくと年末年始に、軽自動車税に関連して「あまり分散し過ぎているのは効率が良くない」的な事をtwitterでつぶやいていた人がいるらしいけど、まあ考え方としては一利あるとは思うけど、あまり少数の場所に集中し過ぎるのもリスク管理的に危険なんじゃないかなぁ。と思ったりする訳で。ほら、サーバのバックアップとかでもそうでしょ。

19:46追記:
なんかその人は、別に一極集中を要求してる訳ではないみたい。「人数の少ない地域まで至るところまでというのはもう無理なんじゃないかい?」って話だそうで。
財政について「まだ大丈夫」という方も多いですしそういう考え方もあるんでしょうけど、いつまでも同じ規模で予算を組む訳にもいかないでしょうし、だからといって高速道路のトンネル崩落事故でもわかるように、都市部に対しても投資を止めてもいいって状況でないのは事実な訳で。じゃあどうするかって言ったら、やっぱりそうなっちゃうんでしょうね。
比重を下げられる方に入れられた人はおそらく反対するでしょうし、自分がその枠に入ってたら間違いなく反対するだろうとは思うので、本当に方向性をもって説明できて、国民の幸福の為ならその国民に一時的には敵とみなされても先頭を切って突き進んでいくって心構えの政治家さんでもいない限り実現はしないんじゃないかなぁ。
ただまあ、比重を落とすにしても、「それならそれで、コミュニティー内で自立できるような規制緩和もセットにして提案しなきゃ不公平だよね?」とは思ったりします。その辺の提案は気が向いたらまた別途ブログにでも書きたいと思います。

でも、書いてて複雑。できれば耳を塞いでおきたいなぁ…。
追記 ここまで

何というか、まあ何を言いたいのか自分でもよく判らなくなったので、今回はこの辺で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »