楽天がエアアジア・ジャパンでやりそうな事を考えてみる。

なにげにひとりごと

複数の媒体で、楽天がエアアジアの新しい日本子会社に出資するらしい事が報道されておりました。もちろん、三木谷さんの事ですから、何にも考えてないって事はないですよねぇと。そこで、私なりに新生エアアジア・ジャパンで楽天がやりそうな事を予想してみたいと思います。
例によって、単なる妄想ですので、あんまり深く考えないでください。

ここで、おそらく気になるのは「安全性」でしょうが、これについてはエアアジアサイドが担当でしょうから、そこまでは心配しないでいいんじゃないかな?というのが私の予想。それを前提条件としますので、それ関係の事はまったく出てきません。

予約システムが全部楽天トラベルに転送
なんていうかですね、楽天ブックスにおけるKoboの扱いみたいな感じでしょうか。これで、高速バスの予約と一緒にマッチングできれば、それはそれでいいシステムだとは思うのですが、そこまでやって頂けるかどうか。

マイルサービスが「BIG」じゃなくて楽天ポイント
やるとしたら交換とかいう形じゃなくて、ざっくりと楽天ポイントに差し替えのような気が。楽天ポイントで航空券が交換できるようになるかもしれません。

渋々グループの楽天カードが、Visaプリペイドカードを発行
「BIG Prepaid Cardは日本ではサービスしないのか?」という要望に応じて、渋々発行。マレーシアの本家では有料メンバーシップ向けのサービスなんだから料金取っても問題無いよね?と言わんばかりに、年会費x円。
もちろん、楽天カードとの提携カードもあるんだろうなぁ。

機内食、機内サービスの一部が楽天カフェ
機内食の場合、味がちょっと地上と違ったりするので、地上の楽天カフェと同じ要領でいくかどうかは微妙。
ただ、koboとかは普通に置いてそうだなぁ。機内誌が配信されてたりとか、お試しの電子書籍が配信されてたりとか。

到着地の広告が山のように配布される
ついでに関係の無い、「楽天カード加入者募集中!」とか、「楽天レンタルお試し!」とか、「楽天スーパーセール」などの広告は割とデフォ。

まあ、この辺にしとこうかな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました