法律の事に疎いんですが、Google先生に手伝ってもらいながら、ちょっと答えてみようと思います。

isologue - by 磯崎哲也事務所: 撮影に関わる法的問題について(リプトンCM)

※7/8追記※
!注意!
以下の回答は後藤道則の主観が多く含まれており、必ずしも正しいとは言えません。鵜呑みにはされず、もし似たお悩みをお持ちであれば、関係の法律及び省令、条例および判例をご確認していただくか、お近くの弁護士にご相談いただく事をお勧めします。
!注意!


問1
学校内を歩く人物が写った写真を、本人の許可を取らずに撮影して私的に利用する場合に発生しうる問題について、法的な見地からあなたの考えを述べなさい。

私的とはいっても、他の人の目に触れる可能性はあり、憲法13条における「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」に含まれる(と考えられている)幸福追求権に接触する可能性があり、相手が知名度の高い人物である場合、財産権であるパブリシティ権に触れる可能性がある。

また、それにより相手の(他人にとって)知られていない情報が含まれ、一緒に含まれている場合もあり、憲法13条「個人の尊重」で保護されているはずの被写体のプライバシーを侵害している可能性がある。
また、それらは「個人情報の保護に関する法律」の17条で禁止されている不正な手段とも判断できるし、万が一誰かに譲渡してしまった場合、16条で規定されている目的外の使用に接触すると考えます。また18条に規定されている利用目的の通知に関してもできておりませんので、適用除外に該当する用途でない限り、罪を問われる可能性は高い。

問2
このCMには、なぜ、上記のような注意書きを表示したのでしょうか?

CM製作者の立場としては、CM演出上はずせない演出ではあるが、よく理解をしていない方が「問題のない事だ」と勘違いをしてトラブルを発生させる可能性があり、そういう意図ではない事を示す必要があった。
経営者の立場としては、演出としては高校生活の一場面としてありそうな風景ですし、ターゲットイメージにあっていますが、法律面はもちろん、倫理面の立場(コンプライアンスでしょうか)から、何らかの注意を促す必要があったため。

....磯崎さん、何点でしょうか?

(追記:トラックバックが届いてない様子。.....ブロックされてるのかな)