「ありゃ…。やっちゃったか」と思ってニュースを見ると、「そうじゃないかと思う。いや絶対そうだ。だから調べてる」だった件について。
「真犯人」メール 元会社員自身が送信か NHKニュース

本当に確信があるのなら、確定するまでの間に手を打たれると大変なので、保釈の停止が確定するまで隠しておくものじゃないかなぁと思う所があったり。何を言いたいかというと、「確証がないけど、意地でも本人のせいにしないと地検の威厳が失われる」といろいろ焦ってるんじゃないのかなぁと。

片山被告が「不審な動き」をしていたと捜査員が言っていた場所に埋まってた携帯電話に、タイマーソフトを使った送信した履歴が残っていたそうですよ。スマートフォンかガラケーかという所がいまいちよく判らないのですが、前者であれば乗っ取れますよね?パソコンと同じ理屈で。
第一、「保釈後の片山被告の行動や送信に使われた疑いのある携帯電話」って、まあ疑いなんだよな。送信予約している時に捜査員が押さえた訳でもありませんし、それこそ片山被告がその場を離れた後に、片山被告がいたところに埋めときゃいいんですから。その証拠とされる携帯電話が発見されるまでの間、その場に刑事が張り付いてた訳でもないでしょ。

変なリークをしながら世論の誘導を図ろうとするよりも、そもそもメールの中身の手法が本当に可能かどうか、そのような痕跡が本当にないのかをまず調べろよとか思うのですが、その考えおかしいですか?