いろんな意見があるのは当然だけど….

livedoor ニュース – 「美少女ゲーム・アニメをする人は心を破壊され、人間性を失っているので規制すべき」と主張するトンデモ請願が参議院に
(Gigazineの元記事はこちら)
正確には「美少女アダルト アニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願」だそうです。

そのジャンルに含まれる作品の中で、中にはその主張に該当する作品や、該当するプレーヤーはいるかもしれませんが、ひとくくりにして「規制せよ」というのはどういう事なのだろうか….というところ。



また、請願には「既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている。」と書かれているが、そういう描写は昔からゲーム、アニメに限らず、(地上波で普通に放送されている)ドラマや、小説でも描写が見られることがあり、このことがただちに同ジャンルのゲーム・アニメが「これらにより、幼い少女たちを危険に晒(さら)す社会をつくり出していることは明らか」と考えるにはあまりに無謀すぎると思います。

それよりも、どう考えても成人向けという内容が、一般紙のジャンルの雑誌に書いてあったり、成人向けのものがほぼ(年齢)無チェックで購入可能だったり。
個人的には、その辺をどうにかできれば、(極端な話、成人向けコーナーにはIDをもつ人しか入室できない状態とか)むしろ今より規制を緩めてもいいように思うのですが….

さすがに、撤廃だダメだと私でも思いますけどね(^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »