ついでにIPv6の(一般向け)トンネルを提供して頂けると…..

livedoor ラボ「EDGE」 開発日誌 : パートナー募集中!「EDGE Co.Lab v6」開始のお知らせ – livedoor Blog(ブログ)
「IDC事業者としての…」という意味でのこの試みは喜ばしいことなのですが、枯渇する枯渇するとはいっても接続サービスを提供してる事業者がIPv6のアドレスを流してくれるまで、一般の利用者はどうしようもないのですが…..

・自宅のルーターとかもろもろの通信機器がIPv6に対応してない。
(これはもう、対応させたいなら対応の物を買うしかない。)
・そもそも、IPv6のコンテンツが増えている様子が無い。
(一般の人が使いたいって思うコンテンツがあるかと言えば…)
・それでもなんとか使おうとしてトンネルサービスを探すが、あまり選択肢がない。
(いや、あるにはあるんですよ?feel6は未だに無料だし、OCN IPv6サービスとか手頃だし。)
・デュアルスタック?なにそれ?おいしいの?
(仮に自分とこをIPv6にしても、まだ世の中IPv4が主流だから両対応しなきゃいけないらしい。IX側にNATみたいなの置いて変換するんじゃだめなの?)
(補足:書いている最中に検索かけたら、IPv4のコンテンツをIPv6で閲覧できるようにするサービスはJPIXがやってるらしい。)
・IPv6対応のDNSサービスが無い。手軽じゃないですよ?
(ドメインを登録した会社のDNSサーバに頼っているのですが….)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »