実際問題、「これ絶対見なきゃ」と思う番組が少なくなったような気がする。

痛いニュース(ノ∀`):トヨタがマスコミに報復「テレビCMは本当に効果があるのか試してやる」

「カーシェアリング」の浸透などで、トヨタも新たに収益源と戦略を検討しなきゃいけない時代だとは思う。
….けど、相談役という役職の人がいう事でもないよな….とも思う。

「広告媒体」なんですよね。あくまでも。ひきつけるなにかが無ければ、その価値はなくなってくる。
直接の広告収入が少なくなってきて、なんとか他の収益源を探そうと「自らの商材の広告媒体」にしようとしている….、まあ、それもいいのだけど、
「これは見なきゃ!」と思えるような番組を作っていかなきゃ、その効果は薄れていくというのに、第一に「番組制作費の削減」だったり。チャンネル変えても同じような番組だなんて、….自分の身を削って消えるおつもりですか?と。

もちろん、番組一つ作るのが、ものすごく大変でものすごく面倒だとは思うのですが、そんな中でも頑張っているなぁという番組も無くはないですよね。そうい制作者が報われない環境になってしまうと、しまいにゃ、制作会社からもそっぽ向かれますよ?

地上波テレビって、だれかと話すときの「キー」になったりする場合が多いので、無くなって欲しくはないなとは思うのだけど…

それとも、「昨日、Gyaoで配信開始されたあれ、見た?」というような話をするような時代になるのかな。

いや、お正月番組のぐだぐだ感は好きですけどね。
でも、それはあくまで、「たまに」だからですよ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »