広告のようなニュース記事にのっかってみた。-「ドル箱」編

なにげにひとりごと

(追記:2012/11/2に、「ドル箱」は「ハピタス」に変わり、リニューアルしました。一部サービスが変更になっておりますが、リンク先はハピタスのものになっております。)
月20万の副収入が話題に――、気軽に稼げる新サービスとは? – livedoor ニュース(リンク切れ)

トレンド通信自体、おそらくそういう用途に用意された媒体なのだとは思うのですが、今回は「ドル箱」という名前のポイントサイト。

あくまでも、個人的な感覚として「ポイントサイト」を「稼げる」として紹介するのはいただけない。「月XX万の副収入」だなんて書いてしまうと余計に怪しく感じてしまうから。

(ただ、現金に変えられる仕組みはあるのは事実ですし、実際そのくらい稼いでしまっている人もいないとは言いませんが….)

この世知辛い世の中、あまり悪い印象が付いてしまうとサイトの収益源である広告を頂ける広告主が離れてしまう事もありますし。「ドル箱」自身もそれを謳い文句にしている分、ある程度覚悟はしてるんでしょうが、金儲けのサイトという認識をつけてしまうのは諸刃の剣だと思うんですよね。

確かに、飛びつきやすい「キーワード」ではあるんですけどね….

サービス内容としては、….まあ悪くない感じです。記事の受け売りのような文章になってしまいますけど、ポイント獲得できるサイトの量が豊富にあるし、ゲームも何種類かある。「相手がロボットだとある程度獲得できるポイントを制御してるんじゃないか」という人向けに、対戦相手が同じサイトの会員のゲームも。

ポイントをためる時、あまりサイトを分散しすぎると、交換可能金額に達成するまでの時間がかかりますし、その交換可能金額が300Pの少額という点を考えると、選択肢の一つに入れておく価値は十分価値があるんじゃないかなぁ。と思います。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

コメント

  1. ポイントサイトが「稼げる」をうたわない方がいいと思うわたしなりの理由。
    後藤さんのひとりごと : 広告のようなニュース記事にのっかってみた。-「ドル箱」編 – livedoor Blog(ブログ)でもちょこっと書いたのですが、個人的にはポイントサイトは「稼げる」をうたわない方がいいと思うのです。
    理由のひとつとしてその記事でも書いた事としては「…

タイトルとURLをコピーしました