「納得してしまう?ハードウェア技術者、コンサルタント、プログラマーの違い」だって。

なにげにひとりごと

この手のジョークは、いろんな業種で出てきてはいるのですが….

らばQ:納得してしまう?ハードウェア技術者、コンサルタント、プログラマーの違い

プログラマーは言いました。
「もう一度乗って、同じことが起こるか試そうぜ」

ライターさん曰く、「それにしてもプログラマーって奴は…」との事なのですが、
「再現性が確認できなきゃ、後で修正項目が正しく修正できたかどうか分からないじゃないか!」
って事ですし、ごくごく真面目な話だと思うんですよね。

コンサルタントの発言も、
「分からない奴が修正を試みて、仮に直ってもまた再発するかもしれないでしょ?また再度、専門の人に見てもらうくらいなら、今専門の人に見てもらった方が合理的でしょ!」
という事かと思うので、….あながち間違ってないような。

ハード技術者の発言は、(もちろんいろんな理由が考えられるのですが)
「とりあえず応急処置でも直さなきゃ、戻る事もできないだろ?代替機が手配できるまでは仮にでも動くようにしなきゃ。」
確実に乗り慣れている方の言葉かと….

そういう意味では、それぞれ「仕事」してるなぁ…..と。

まあ、ジョークにそんな突っ込みを入れるのはどうかとは思うんですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました