「RT @Bonezine: えんだああああああああああいやああああああああああああああ QT @linitoka: ぼくはしにましぇーん! あなたがまもるからー!」に前後の話をつけてみた。

twitter

「確かに、私はあなたを守るって言いました。この戦乱の中、あなたをお守りするのは私のようなものでなく、もっと立派な方の方がいいのではないでしょうか?私なんて役不足です。」

少女がぼそりと言った。いくらSPの少女だとはいえ、女性にそんなセリフを言わせる私は実になさけなく感じた。実際、その姿をはたから見ると、明らかに二人の少女。もちろん、男性である私は男の格好をしているのだが…

「逆ですね…。本来なら、男性の立場としてあなたをお守りしなければならないはず。そんな私に領主としての資格はないでしょう。見放されてもなんら文句の言えないヤカラですよ?この私は。」



そう言い放つと、私は通りがかった戦車の前に飛び出した。

「バカっ!」

少女はあわてて私の腕を引き、私は戦車につぶされずにすんだ。戦車に乗る兵士はそれに気がつかなかったのか、何事もなかったかのように2人の目の前を通り過ぎた。

「ぼくはしにましぇーん! あなたがまもるからー! …少しは笑ってくれたかな。」
「なんですか!そんな旧世代のネタを体を張ってしないでください!」

少女の目には涙があふれていた。ただ、悲しい顔ではなかった気がした。

「こんななさけない私ですけど…、一生守っていただけませんか?」

ありきたりなストーリーのような気もするが、ここに一組の夫婦が誕生した。


…だなんて話を、昨日のツイートを見返してたら急に浮かびました。
もちろん、このストーリーはフィクションであり、特定のモデル、参考にした時代背景はございません。

(2013/4/2本文だけ復元。…コメントがみつかんない。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました