BIGLOBE 3Gのデイタイムプランはまだまだ未知数だと思う。

悪くはないと思うんですけどねー。
NECビッグローブ、午前2時~午後8時限定で月1770円の格安3G  :日本経済新聞

 NECビッグローブは2012年2月1日、第3世代携帯電話(3G)のデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」の提供を始めると発表した。NTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供する。24時間接続可能な通常プランに加え、夜間は接続できないが月額料金を1770円に抑えた格安プランを用意するのが特徴。

通常プランはbmobileを除いた3Gサービスとして横並びですし、確かにデイタイムプランがぴったりな人もいるかとはおもうのですが…。



3Gデータ回線においては、デイタイムプランを提供してた会社がなかったのかもしれないけども、時間帯を絞ってサービスを提供するという考え方は割と以前からあるかと。ちょっと携帯界隈だけにしぼって挙げてみると、

別に時間外の通信を切断する訳ではないのだけど、ソフトバンクモバイルの「ホワイトプラン」のキャリア内無料通話も言ってみれば、時間帯を限定したサービス。これは、「一番混み合う夜の時間帯を省いた」という風に理由を聞いた気がするのだけど、一番有名なサービスじゃないかと思います。

忘れがちではあるのだけど、bmobileもPHSデータ通信ではデイタイムプランを提供していました。その名も「bモバイル・デイタイム」。8時~18時と利用可能時間は違うのだけども、コンセプトとしては似た感じかな…と。

あと、おそらく皆さん忘却のかなたどころか、ご存じな方はある程度のお年の方なものとして、電話そのものを時間制限しちゃったNTTドコモの「ドニーチョ」。(ツーカーにも同じようなサービスがあった気がしますが、どちらが先とかサービス名とかが思い出せません。すいません。)名前の通り、土日と夜しか繋がらないサービスで一時期はテレビCMまであったようなのですが、いつのまにか消え去ってたというイメージです。

BIGLOBE 3Gのデイタイムプランは、おそらく「ホワイトプラン」の無料通話のように「混乱時を排除した」というよりは、「bモバイル・デイタイム」のように受け入れやすいコンセプトを切り出してきたという感じかな。というのが私の印象です。

月額料金の妥当性については、新サービスだけに未知数だよなぁと思います。通常プランと比べて差が1000円くらいしかありませんし、データ通信の場合むしろ「デイタイムプラン」の時間帯が混むような気がしますので、人によっては、(3月開始予定の)ドコモの128kbpsプランとか、(現在イオン店舗で限定提供中の)bmobileのイオンSIMの方がいいじゃないかという人も出てくるんじゃないかな…と想像しています。
…もちろん予想を裏切って欲しくはあるんですが。2年縛りだし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »