もし、ジャパネットたかたが住宅を販売するとしたら…。

いえ、さっきの金スマみてて、中居さんが「住宅売ったどうですか?」と高田社長にいってたので…。なんとなく。

サプリメントを取り扱っているようですし、あながちあり得ない話でもないんですけども。
ネタなんですけども、割と真面目に考えてみたのでそれほど面白くもありませんし、誰でも思いつく事しか出てこないんですけどもね…。



・住宅ローン金利はジャパネットが負担!
まー、当然でしょう!ただ、この場合金利を負担してしまうと、繰り上げ返済のメリットが利用者としても無くなってしまいます。ただ、通常何年も支払いが続くような商材ですので、早く返済してもらった方がリスクは低いはずです。…ので、このケースだと、繰り上げ返済に対するサービスもなにかしらつける必要はあるでしょう。
あと、金利分が収入を上回るのであれば従来どおり全額ジャパネット負担というのもあるんでしょうが、そうもいかないでしょうから、データ通信サービス付のノートパソコンの販売と似た方法を、地震保険、火災保険で行う事で、実質の金利手数料を無くしてしまうというのはアリなのかもしれません。(ただ、それだと「ジャパネットが負担!」ではない訳ですけども。)

・引越の際、いらなくなった家具、家電の「買取、下取り」
家電については、すでに「自社の商品を買われた方」向けに下取りを行ったりしています。ただ、一軒まるごとになると、たぶんジャパネット単体でするのはちょっとリスクが高いかも。

・もちろん、引越業者への手配もジャパネットが行います!
具体的には、全国の専門業者に依頼する事になると思うのですが、どうせ必要なら住宅の代金に入っていた方がわかりやすいかと。

・ソーラーパネル搭載モデルについては、蓄電池がセット!
・エネファーム搭載モデルはすべて停電時でも通電可能なモデルです。
今売るのであれば、その辺をウリにするだろうな…と。利用イメージとしては「発電量がみえるモニタ」を通して、どれだけ電気が出来ているか目で確認できるとか、「曇りの時にもあるメリット」とか。

…ちょっとキリがなさそうなのでこの辺でやめときます。

もちろん、家電のおまけとかもあるんでしょうけども、どういう家かというところも含めて妄想しなきゃいけませんよね…。一番難しいのは、「家を建てるための土地はそれぞれに用意してもらわなきゃいけないし、一括で確保するにしても地域によって価格はばらばらの可能性が高い」という所。もちろん、周辺の街ごと作ってしまうという手もあるんだけども…。…テレビ通販で衝動的に買うようなものではないですよね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »