なんかねぇ…。

ドコモのiPhone5CとiPhone5sの価格見たけどさ、なにげにえげつない値段の付け方だよねぇ…。
確かに、その1台をフラットのパケットプランで2年間使い続けるのなら「実質無料」なのだけど、この実質無料って特別な月々の割引を追加した上の話で、端末そのものの定価は3社の中で一番高いみたい。



つまりなにかって言うと、なにかの理由で機種変更しなきゃいけない場合に、その実質無料にするための「多額の割引」がその月に止まる訳で…。下記の記事とか詳しいですよね。

やけに安いドコモ版iPhone 5s/5cのえげつない罠、本体価格が9万円半ばで中途解約は困難に | BUZZAP!(バザップ!)

もちろん、「意地でも24ヶ月使ってやる」って人には何の問題もない訳で、実際この金額までにはならないにしても、月々サポート(または他社のそれに類するもの)が高めって話はあった訳で、ちょっと発言に躊躇してしまった訳なのですが、本体価格が「SIMロック品より高くなりがちのSIMフリー端末」の価格よりも高くなってるってどういう事だろう…。(アメリカ・香港などの価格。送料も含めるともうちょっと高くなるかも。ネット上の情報によると…ですが。)

それでも、昔のドコモなら「一旦契約したらそれくらいは使ってるだろう…」と思うのだけど、通信回線の品質はまだ一番だとは思うのですが、それ以外に部分に対して、劣化や改悪が多いような気がしまして…。ただ、昨今国内キャリアどこもそんな感じのようですから、難しい話です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »