「忘却録」はじめました。(やめました)

なにげにひとりごと

ニュースサイトなどでは、「閲覧可能な期間」というのが設定されていて、その期間が切れると表示されなくなります。
そのようなサイトから引用していたりリンクしていると、ある日突然「見えなくなる」事がある訳なのですが、ブログ本体に内容を言及していない場合、その記事自体が「一体何のことをいっているのか」さっぱり判らない事があります。



無論、それについて加筆すればいいんでしょうが、「あれ?この記事ってなんの事書いたんだっけ?」と思ってしまう事も多々あります。お恥ずかしい話。
今だと、Internetarchiveに残ってたり、Googleのキャッシュに残ってたりする事もありますし、前者だとそちらにリンクする事もあるのですが、後者だとそこにリンクしたとしても、次クローラが訪問した際に「表示期限がきれました」ページの内容に更新されている場合もあります。

だからって、記事そのものをまるままコピーしてしまうというのも、ダーク過ぎるよね…と。

その結果、私が出した結論が「記憶とキャッシュを頼りに、新たに書き下ろす」という事。今後は「リンク切れ」ではなく、できる限りそちらにリンクしたいと思います。(グレーだと思うけど、他の手段が思いつかないんだよね。)記事によって、追記の形で大体の内容を書き込む場合もあります。

(21:57追記:…のつもりだったけどやめた。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました