NHKBSとNHKオンデマンドは統合してしまった方がいいと思う……という提案。

なにも絵空事を言っているわけでもないのですが、(だって、形は違うけどWOWOWがそんな感じだもの)ご意見は様々だとは思います。なので、とりあえず私の言い分だけ書いておこうかと思います。



(BSは)既に別のサービスと化しているのに、地上波受信料のオプションの一つで一緒に徴収というのが合点いかない
アナログBS開始当初ならいざしらず、地上波の補完という意味合いなんてほぼ無くなったに等しいように思いますし、それを一緒のサービスのごとく受信料として徴収するのは既にそぐわなくなっているではと個人的には思います。
地上波に関してはまだ安価で手に入るという部分もあり、公共放送の(役目を果たしているかどうかはご意見は人それぞれかと思いますが)役割上、まだ「くまなく情報を伝達させる為」という言い分がかろうじて通るとは思うのですが、それに比べてBSは視聴者は限定されますし、もう切り離して「有料放送の視聴料」という形にしたほうがいいんじゃないかと。

NHKオンデマンドは、「受信料払っている人は無料」が難しいのなら、BS受信契約と統合してしまった方がいい気はする
民放と比較するのも問題と言われそうだけど、冒頭に書いたとおり同じBSのWOWOWに関してはオンデマンドサービスは契約者については無料で利用できます。まあ言ってみれば、視聴料から捻出しているということ。
理想とすれば、地上波契約者無料なのだけど、それはさすがに無理と考えるとNHKオンデマンドにBS受信契約を統合してしまった方がシンプルでわかりやすいのではないか?と思う訳です。
昨日、私が某番組放送時間中にTwitterでツイートした「見逃しのお値段そのままで統合してしまった方が」ですけども、あながちNHKの予算的に不利になるとは思ってなく、それこそ魅力的なコンテンツが多ければですが、親子で視聴がブッキングしたら見られなくなるので、それぞれ契約って事もあるやもしれませんし、コンテンツの魅力次第では契約の増える可能性だってあると思うのです。

「それでも地上波の補完の意味をかねている」というのでも、該当するユーザーに統合したオンデマンド配信の料金を無料にした方が合理的のように思う
オンデマンド配信がそれなりに普及している理由として、もちろん「そこに魅力的なコンテンツが出てくるようになった」「テレビの魅力が相対的に落ちてきた」というのはあるとは思うのですが、「そもそもその時間に張り付いてなんか見てらんない」という事がある訳です。テレビだけだと、その人にはNHKの役目であるはずの「くまなく情報を届ける」事ができてないという話になります。ので、NHKの理屈を考えると、今の契約形態にこだわるよりは理にかなってるのではないかと。

「BS受信機を持たない人には割高になるじゃないか」と言うのなら、BSそのものをネット配信してしまえばいい。
どうせ、将来そうするつもりなんでしょう?それなら素直にオンデマンドのIDを持っている人はプラスアルファのコストナシでライブ配信を見られるようにした方がシンプルでいいと思う。

まあ、個人的にはBSはオンデマンドとセットで、ざっくりとグループ会社に任せた方がいい気はするけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »