トラックフィードからの情報を見てると….

なにげにひとりごと

自分のブログに誰かのページからのリンク経由で訪問されたときに、その情報を通知してくれるサービス「トラックフィード」を結構前から利用しています。

ご存知な方はご存知だとは思うのですが、ブラウザはサーバに対して、
「ここに来る前に閲覧していたページ」
の情報を送ってくれます。大抵、リンクを踏んで移動してきたものなので、アクセス解析なんてしてると、「ああ、こんなページからリンクされてるんだ。」と、うれしくなったり、複雑な気持ちになったりする訳です。
つまりは、トラックフィードはこの情報を拾って利用者に戻してくれている訳です。

ただ、一部の古いブラウザの場合、リンク経由で訪問したものだけでなく、直接URLを入力したり、ブックマーク経由で移動したはずの場合でも、直前の訪問ページの情報を送信されていることがあります。

別に悪いわけではないんですが、うちの場合、いわゆる「情報商材」が多いです。理由はなんとなくわかるのですが。

昨日のある訪問者は
へっちょ本舗 – 「安全・安心・おいしい」をお届け!(リンク切れ)
という、青森の通販ページをご訪問されてから来られているようです。
だからといって、なにか行動を起こすわけでもなく、「ふーん」程度なんですけどね(^^;;

….と、ここまで書いたのですが、この情報ってあくまでも利用者側の(ブラウザの)自己申告ですから、正しいとも限らないんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました