「曽根崎心中」についていまさら思う

近松門左衛門って人物、いたという事はさすがに知ってはいたのですが、
実際、どういう作品を書いた人かは本当に「知らない」といった方が正しいほどの状態です。….というのも、近松門左衛門の有名な作品、心中を扱っているものがあるというのが頭の中にあって、見られないんだ。怖くて(^^;;
六本木…じゃなくて、曽根崎心中って話。
たまたま、ある人が人形浄瑠璃の「曽根崎心中」を歌にして公開されている方がいて、それをもとにPVを作っている人がいた。



涙を誘う部類の恋物語だとは思うけど、理由はどうであれ、命を絶つという事が「手本」になっちゃいけないように思う。
だからって、それを隠してしまうのもまたおかしな話なんだよね。

でも、そういうこと(上演中止)が当時(享保8年)にあった事を考えると、昔からの流れとして「くさいものにはフタ」なのかな….と。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »