おそらく話題として沈静化してるだろうから、「トレス」について私が思う事を。

pixivが社長の炎上発言に対するイラストをランキングから全て除外する荒業に - ゴールデンタイムズ

正直、「トレス=いけない事」と一般的イメージでくくられそうなのが怖いです。

だって、絵の練習のために下地にしたり、自分や「自由に使ってください」と言われている写真をイラストや漫画に取り込むためにする場合もありますよね。
回想シーンで当時と画風が変わっているので、昔の自分の漫画をトレスする場合もあるようですし、そういうケースに限らず自分の作品をトレスするケースもあるでしょう。ライセンスフリーの構図集からトレスする場合もあるでしょうし、合意の下で他の作者の作品をトレス事だってあるでしょう。

今回は詳しくは把握してませんが、「人の作品を(無断で)まるごとトレスして自分の作品として公開していた」というのが問題の発端ですよね?



要するに「トレス」は技法や練習手段の一つであって、数多くの用途の中の「どう考えてもまずいだろう」という用途が非難される事があれど、その技法が否定されるのはちょっと不味いんじゃないかと。

あくまで練習で「トレス」したものは、練習であって本来外に出すべきでないはずですし、作品まるまま「トレス」して、いかにも私の作品ですよって言うのは論外のはずで、そこがその技法を悪い方向に陥れている部分は確かにあると思うんですよね。
もちろんどんな作品でも、作者が悩みに悩んで生み出したものだと思います。なのでそれを無にするような事はしちゃいけないし、無断でまるままトレスしてまるで自分の作品と言わんばかりに公開するのは、それ以前の問題ではないかと。
まあ、悪いことは悪いことでちゃんと排除すべきだって事です(^^;

ただ、練習で描いたのなら、「見てもらって」アドバイスや批判を受けるのも上達の大切な要素だと聞きます。それを否定する気はないですし、仲間内でクローズドでやり取りの出来る人にアドバイス・批判ができる人がいるならトレスと断った上で見てもらえばいいのではないかと思います。ですが、単に黙々とたどったのでなければ、自分の学習した自分のタッチで、そのキャラクターを白紙におろした方が、アドバイスや批判をする人も的確な事を言いやすいと思うんですよ?

….と、ろくにイラストの練習をしていないので未だに「何歳の子のイラストだ?」と言われそうな絵しかかけない後藤道則が言ってみました。

タイトルとURLをコピーしました