推進だろうと、脱原発だろうと気になる「状況悪化による原発の休止」

気になるニュース

現状、再稼働する見込みはないと言っていいんじゃないのかと想像していますが、仮に再稼働するにしても、いろいろと不確定な事はあるんですよね…。



一番問題なのは、まだ核廃棄物の最終処分方法が確定していないと言う事。地盤が固い地中に埋めてしまうのが一番妥当なところじゃないかとは言われているけども、まだそれに適した候補地というのは見つかってません。
もっとも、そのような状況は日本だけではないようで、確かに現在進行で工事をされているところも海外にはあるそうだけど、それはどちらかというと一部の恵まれた例で、日本はというと沢山の広告費をかけて募集広告を出しているけども、まだ調査すら進める場所がないという現状。(手を挙げたものの、住民に反対されて消えたという例は割と多いですけどね。)

じゃあ、その廃棄物が現状どこにあるかというと、(記憶違いなら教えてもらいたいのですが)各発電所で厳重に保存してたり、使用済み核燃料については、将来的に再生利用しようって前提で、六ヶ所村に保存されているわけですけども、どちらもそれほど余裕があるとは言えなくて、仮に再稼働するとなると、近い将来「使用済み核燃料の管理の為に燃料プール設備を動かすのでいっぱいいっぱいで、これ以上は受け入れられないので原発は動かせません。」という状況はやってくる訳です。

もちろん、再稼働しない場合でも、同様の問題は発生しますので、(廃棄物の問題だけで言うと)どうせ同じならつついっぱいまで使ってしまえという考え方もあるのかもしれませんが、こういうのって一旦止まってる現状ででもちゃんと考えはじめておかないと、先に稼働させてしまうと「本当にヤバくなるぎりぎりまでズルズルと行ってしまう」というのは目に見えるようにはっきりと浮かんでしまうのですが、みなさんはどう思いますか?

もっとも、燃料プールにおいても管理下でないと安全ではない訳ですから、再稼働するしないの前に最低限の安全対策は至急で進めるべきかとは思うんですが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました