ポケベル…ってどんなのかと説明しなきゃいけない時代になりました。

モバイル

実際、持ったことがあるのは、このCMの中ではi-mode搭載のデジタルムーバ以降。
ドコモthanksキャンペーン ホーム | NTTドコモ(公開終了)

実際デジタルでないムーバなんて、興味こそあったものの、「欲しい」だなんていえる維持費用のものでなかったような気がします。それが今は…。



もちろん、そういう時代はデジタルムーバの時代にも繋がってたと思うのだけど、その間に出てきたのが「ポケットベル」通称「ポケベル」っていう物。NTTドコモの登録商標だったと記憶しているのですが、テレメッセージグループのも含めて、正式名称は別にして「ポケベル」って言ってた。

今の物でなにに例えればいいのかが正直よくわからないのだけど、一般向けではないにせよ、まだやっている会社はあったりします。世界的には「ページャー」と呼ぶらしい。

端末は受信専門で、端末から返信したりは出来ない。だから、たぶん普段からメールのやりとりをすることに慣れている人にその「昔話」をすると、「何が楽しいんですか?」って話になるんだろうけども、限られた情報量の中にどれだけのメッセージを詰められるかという、みんなの試行錯誤が面白かったんじゃないかと思う。

…まあ、全盛期に手にする事はなかったんですけども。

その頃に比べると、一段と多くの情報を盛り込めるようになったし、やりとりも端末から相互に行える時代。「昔と違うなぁ」とは言ってみたりはするけど、そのツールで出来る楽しみ方を探そうって感じは今も昔も似たようなモノじゃないのかなぁ…と思ったりします。
今から20年後となると、ホントどうなってるか判りませんけど、でもそうであって欲しいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました