まあ、いろいろ値上がってるからねぇ…

理想は自家発電(※性的な意味ではない)のような気はしなくはない…。
電力3社、値上げ 家庭向けを抜本改定 – MSN産経ニュース

北海道電力、東北電力、四国電力の3社は1日、家庭向け電気料金を値上げした。値上げ幅は東北電が平均8・94%、四国電は7・80%、北海道電が7・73%。原発停止の長期化で火力発電に使う燃料費がかさんだため、料金算定の仕方を抜本的に見直した。

割とパソコンに張り付いている時間が長いですから、ヒトゴトではないんですけども…。



となると、「早く原発の再開を!」という話になると思うんだけど。確かに、原発は動かさなくとも維持に相当なコストが掛かるもので、当然ながらそのコストも利益を圧迫する要因にはなっているのは事実だと思うのですけども、多分稼働しても値下げ要因にはなんないよ。多分。
今後、自然エネルギーの買取に関係する負担も増えてきますし、原発動かすにしたって今まで以上にコストをかけて対策を二重三重にとって動かさなきゃいけない訳ですから、一時的に価格が落ち着くかもしれませんが、まあ長期的には…。
個人的に思う事としては、原子力は必要としてなんでまた軽水炉に縛られている必要があるんでしょうか。一時期軽水炉の改造でより安全な(軽水炉以外の)方式に転換できるって記事を書かれている人がいたような気がするのですが(どの記事か忘れた)、それってどうなったんでしょうか。

電力会社の事情に左右されない方法で思いつくと言えば、さすがに今更「無電気生活」なんてできないでしょうから、家に相応の容量の発電機を置くって事なんだろうなって思うのですが、まあそう簡単に購入に踏み切れる値段では無いですよね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »