報道部門を閉鎖した理由がいまだに理解できない。

うん、いまさらいう事でもないですけど。

だって、記事の(他社への)販売もこれからってとこだったと思いますし、
CGMに特化するのであれば、まだ現状では1次情報源が重宝されるはずですし….
なにより、「変わろうとしているライブドア」を内部からシビアな目で監視して、かつそれを私達に伝えるって言う重要な立場でもあったと思う。

それの空きをPJや他社記事で埋められるかといえば正直、微妙だと個人的には思うんです。
それらの記事が使えないという訳ではなく、役割が違ったと思うんです。

なんかもったいないよね。っていまだに思っています。

いまさら、「やっぱ撤回」だとはいえないというのは判るのだけど。
それでも、そのありえない「復活」があるといいなと….

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ネルオフ より:

    はっきり言えば外資の考えなのでしょう。昨年末に取締役として入りましたし。株数でも取締役数でも逆らえません。
    その重要さを理解せず、コスト面しか見てないのでしょう。そしてその人はユーザーですらないはず。
    平松社長自身は報道部門が大事だという認識は強く持っていると信じます。

  2. ネルオフ より:

    動画ニュースライブだけでも復活させてほしいな…

  3. miti より:

    なかなか、直接収益に結びつく部門じゃないですからね(–;
    なかなか、収益をメインにおいている役員に対して(存続を)説くのも難しいというのはたしかにあるかもしれませんね。
    ….ライブドアニュースというコンテンツのナビゲート的なコンテンツとして「動画ニュース」があってもよさそうだと思うのですが。現状でも。

Translate »