たしかに、西川さんは「被害者」だと思いますよ?

なにげにひとりごと

数時間前に書いた記事に、コメントを頂いたので、もうすこし私の考えを書いてみようと思います。

Funny Restaurant  犬とレストランとイタリア料理: 鳩山総務相が辞任 日本郵政社社長人事で-鳩が豆鉄砲喰らって墜落することは最初からわかっていた?

「鳩が豆鉄砲喰らって、墜落する事はわかっていた?」との事ですが、以前から相当の人が概ねそういうオチになるっていうのは想像していた事でしょうから、「わかっていた」んだと思います。

民間の事は民間にまかせる方がいい、それが間違っていてもそれは経営者の責任、無論私もそう思いますし、記事やコメントに書かれてある事について「そんな意見がある」という事を否定する気はさらさらありません。….ただ、



だからと言って、鳩山元総務大臣の主張が間違っているとは思いません。

たしかに、西川社長は「被害者」かもしれません。…いえ、「被害者」でしょう。

もし「株式を公開してオープンに」という意見をお持ちであれば、今の現状を、政府による「将来、市場放出してその利益を政府運営に必要な資金に反映する」投資ファンドのようなものだと思っています。国民はそのファンドへの出資者だと考えます。

投資ファンドは、その保有の資産価値を上げるために、時には人材を送り込んで指導する事もありますし、会社の資産価値を下げるような行動を取る経営者に交代を(株主総会で)迫ったりします。
不祥事により、投資ファンドの出資者から不安の声が入っています。なのに、不安要素を表向きでも取り除こうとしている行動はどこがマズイのでしょうか?

そこまではいかなくとも、就任以前からの不祥事で社長が降ろされる事は無い話ではありませんし、「明確な反省」をニュースの視聴者であり、お客様である方々に理解いただける形でできないのであれば、その会社に未来はあるのでしょうか?
もちろん、それは必ずしも、「西川社長の退任」ではないとは思いますが、それを要求しないのであれば、それ相応の「態度をみせろ」というは当然じゃないでしょうか。(ただ、それは「鳩山さんに謝罪する」ではない事は確かです。)

民間会社であるからこそ、不祥事が起きれば、適切に対応し、場合によってはそれなりの態度をとって、お客様にわかりやすいい形で伝える事が大切で、株主も「保有株を紙切れにしたくなければ、」それでは理解できないと思えばとことん追及していくべきでしょう?
それとも、政府保有分の株はカスミで、株式公開すると消えてなくなるのですか?

鳩山元総務大臣の発言には、たしかに「おいおい」と思わせる部分が多いですが、今回の件に限って言えば、ただ純粋にその責任を果たしているだけだと私は思うのです。

もちろん、いろんな意見はあってしかりだと思います。この記事を見て「やっぱわかってないなぁ」と思われているかもしれません。でも、だからブログって面白いんじゃないのかな…と思うのです。
#かんぽの宿の件などを書き足すとものすごく膨大になってしまいそうなので、この辺で勘弁してください。

コメント

  1. szs より:

    初めましてこんにちは。
    貴方が書いた「鳩山大臣辞任のお話。」という記事のコメントの方が別のブログで同様の書き込みをしているのを発見しました。
    恐らく自分のブログの宣伝をする為のコピペなのであまり気にする必要は無いと思われます。
    因みにその人のブログ内にあった西川妥協案について意見した所コメントが消されていました(笑
    どうやらこの問題にはあまり触れたくないらしいですね。。。

  2. miti より:

    szsさん
    はじめまして。
    えっと、どうもそうみたいですね….
    気にはしてませんが、根にはもってます(笑
    それでもいろんな人がいるなぁ。って意味で、
    ブログって面白いなぁと思うのです。はい。

タイトルとURLをコピーしました