ひょっとしたらデータ通信SIM付きMOOKとかならありうるかもしれないね。

先日、IIJもイオンでの低価格のLTE通信のSIMの販売を開始した訳だけども、一昔前であれば、そもそもSIM単体を、しかもイオンみたいな店で手に入れることができるようになるなんて思いもしなかった訳で…。
一部の家電小売店では、もうちょっと前から日本通信が卸してたところがあったりはしたのですが、日本通信のイオン限定モデルが受けたのか、ついに同じ販路にライバルが登場するような時代になりました。

いやぁ、面白い時代だよね。



128kbps以下の低速SIMに関しては、有名なものとしてはもう一つ、フリービットの子会社のDTIの「ServersMan SIM 3G 100」と言う物も浮かぶのだけど、こちらは店頭で契約とか販売するようにならないのかな?というのも掲示板とかネットを書き込みをみてるとあったりする。

ただ、せっかく月500円を切ってしまっているという特徴があるのだから、むしろIIJのウエルカムパッケージのような形でなく、MOOKの方が受けるんじゃないかな…と。お試し期間付で。

というのも、書店自体は減っていると言っても、何らかの形で本を取り扱っている場所というのは沢山あって、月額490円っていうのも、タイトルの決め方によってはものすごくインパクトがある訳で…。

ただ、書籍を作って流通させるのにもお金はいる訳だし、広告を付けないとちょっと高額になりすぎてしまうかな…と。第一、どういう内容の雑誌を作るんだって…。

SIMカード自体の単価がもっと安かったらなぁ…。本当に既存雑誌のおまけとかいう方法も考えられるのに。

ドコモから、中身の情報だけもらって、自社調達したSIMに自社で書き込むとかいう事はできないんですかね?

…という妄想のお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »