ディレクターブログが2周年で、ねとらじ放送したらしく、その録音が公開されていたので、それを聞いていたのですが、まあいろんな意味ですごい会社だなぁ...と。

まあ、それはそれはそうなんだけど、「ユーストしろとか言われたけど、ねとらじとしたらばの良さを....」という類の事をおっしゃっていたのが異様に気になったので、ちょっといろいろと考えてみた。

ねとらじは、比較的いろいろなOSや端末向けにソフトウエアを書いてくれている人がいて、それはそれでいいのだけど、やっぱり「姿が見えない」というのが、ライブ動画配信サービスの人気により、そこがマイナスポイントと感じている人も多いのではないのかと。


ユーストやスティカムは本当に気に入った配信者のものしか見ていないので、ニコニコ生放送で思うことをいくつか。

・決して、みんながみんな動画を使っているわけじゃない。
・ManyCamで静止画を表示したり、ハナからまっくろの画面で放送している人もいる。
・....そもそも、(ニコニコ動画の)動画呼び出しってのも多いよね。

もちろん、ニコニコ動画というネームバリューがあっての事もあるのだけど、そこかから思うことは、
「写真などの静止画でOKって層は相当いそうだ。」
って点。あれ?そしたら、すでに「ねとらじ」で音声放送はやってるし、写真についてはlivedoorPicsがあるよね?ただ、放送の仕方が難しいのかも....

・番組ごとにhttp://ch.ladio.net/la00001のようなURLを生成する。
・音声に関しては、「ねとらじ」を使用する。
・画像はPicsにアップした写真または、ねとらじが用意したアバター画像、またはlivedoorWikiに作成したプレゼンテーションデータ。
・どのタイミングでどの画像のどのページを表示するかは、チャットデータに混ぜて送る。
・できれば放送ツールもフラッシュで。「Snap!」ボタンをクリックすると(ウエブカメラが接続されていれば)Picsに登録され、表示される。
・チャットデータは、上記の事を実現するための制御命令と混在して流れ、受信順に画面上に流す。

要は、ねとらじバックに、Picsやらの画像をつかって紙芝居やれないかって事なんですが、(ついでにニコニコ動画みたいにチャット内容を画像の上に載せちゃえば?って事で...)チャットサーバを用意しなきゃいけなかったり、放送ツールやプレーヤーを作らないといけないという点がかなり厄介だと思うので、やっぱ無理かな....

....と、ディレクターブログにトラックバックをうってみる。