いや、あのさ….

見解を聞きたいんじゃなくて、それを「規約の中に」明記してくれって言ってるんですけども(^^;;
現在のスタッフはそのつもりでも、もし何度かスタッフが変わったとして、なにか手違いでそれが伝わらなかったら「大変なこと」になるんですよ。



用途も、あらたな用途が発生するたびに(規約に)追加すればいい。自分たちに利益(「お金」に限らず、無形のものも含め)があるものだったら、文句は言わないし。
規約を承認するというのは、契約を結ぶという事だから、そういうとんでもないことになっても対応できるようなかたちにしておくというのが、(特殊な状況の日本を除いて)ビジネスの常識….だと聞いたような気がするんですけど、私が夢の中ででも聞いたのでしょうか(^^;;

livedoor Blog 開発日誌:利用規約一部変更についての補足

(16:40追記)
一応、「こうしたほうがいいんじゃないか?」という案はすでにトラックバック送ったし、それでそこそこ自由度があると思うんですが……

こんな形でもいいかもしれません。

第8条 (ウェブログの公開について)
本サービスにて作成されている全てのコメントおよびトラックバックを含むウェブログについての著作権及びそれに順ずる権利は各利用者に帰属しますが、利用者は、弊社に対して、無条件での(著作権及び、それに順ずる権利の)許諾を与える事を承諾しているものとする。また、弊社が弊社サービスの提供のために必要と判断した場合に限り、弊社の指定する者に対して同様の許諾を与える事を承諾しているものとする。

・「無償」の記述を省いた。(「無条件で」許諾を与えられるのだから、そのたびに「無償」なり、「有償」なり判断すればいいので。)
・「権利は利用者に帰属する」とした上で、「ライブドアに対して、無条件で許諾を与える」形にした。(現在の規約とたいしてかわらないと思うかもしれないが、あのままでは、「ライブドアが権利を掌握できる」とも取れるのでイメージ的によくない)
・ライブドアが行うサービスであれば、たとえ他の会社が提供する場合であっても、同様の許諾が受けられるようにした。
・「通知なしで~」の記述を除いた。(「なし」としていてもなんらかの形で通知しないと、また大騒ぎになると思うので。)

すくなくとも規約上に、著作権が利用者に帰属するのを明記しなきゃ、少なくとも新規利用者は戸惑うよ(^^;;

タイトルとURLをコピーしました